« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月24日 (水)

お試し期間

 大峯山 神泉洞の水」を毎日飲みたいと思い、ウォーターサーバーの設置を申し込むにあたって、一体どのようなものなのか、気になったので調べたことを書きます。

 地域は限られるようですが、無料キャンペーン期間があります。特に、首都圏近辺の方、近畿地方の方は一度問い合わせてみてください。私のブログの横にバナーがあります。嬉しいことに、日曜・祝日を除いて、夜9時まで受付しているので、お忙しいかたでも、申し込みできるのでは。

 まず、設置するのに必要なスペースは、電源と35cm四方のスペースがあれば大丈夫。本体底部に防振ゴムが付いていて、フローリング床にも対応しているとのこと。35cm四方だと、かなりコンパクトに収まりますから、設置場所にあまり悩まされることはなさそうですよね。

 お水は冷水と温水の両方がひとつのウォーターサーバーで利用できます。

ウォーターサーバー本体背面に温度コントローラーがあって、冷水は5から1まで、温水は常温から90まで温度調整ができるようになっています。

そして、温水側コックにはチャイルドロックがついているので、小さなお子様がいても安心して使用できます。ウォーターサーバー本体は電気用品安全法(PSE)認可済製品となっています。

そして、電話一本の打ち合わせで、ウォーターサーバーを設置しに来てもらえるとのことです。

まずは、お試しとして5ガロン(約19リットル)のお水をセットしてもらえます。設置から10日間経過した時か、お水が無くなりそうな頃に、本契約するかどうかの返事をすれば良いとのこと。

 

一旦、契約すると最低1年は使いつづけたほうがお得です。

というのも、ウォーターサーバーは通常、レンタル料が発生します。しかし、1ヶ月に1度5ガロン2本、もしくは3ガロン3本を注文するのであれば、レンタル料が無料となるからです。お水の入っているボトルは、お水の配達時に引き取ってもらえます。初回以降はお水をウォーターサーバーにセットするのは、自分でしなければなりませんが、ワンタッチでできるので特に面倒なことはありません。

 

配送地域や曜日はある程度限られますが、この無料キャンペーンはお試しの

価値があるのではないでしょうか。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

ウォーターサーバーの活躍

大峯山 神泉洞の水」が、毎日飲めるウォーターサーバーの特徴について調べたので、書いておきます。

天然水ウォーターサーバー80度のお湯と10度の冷水がいつでも利用可能です。夏場、お子様がいるご家庭では、冷蔵庫に麦茶や冷水が必要だと思います。しかし、ウォーターサーバーがあれば、お子様でもご自分で好きなだけ飲めます。水道水を加工した加工水道水ではなく、天然湧出のミネラルウォーターですから、育ち盛りのお子様や、残留塩素に反応があるアトピー体質の方にも特におすすめできます。


  また、80度の天然水もすぐに出てきますから、お茶やコーヒーも風味豊かに楽しむことが出来ます。最近では二階や寝室に設置する方も多いとのこと。深夜にお水が飲みたくなった場合でもすぐに手元で飲むことができるのは便利です。

会社でも利用価値は高いでしょう。突然の来訪者があってもすぐにお飲み物をお出しすることが可能ですし、ポットのお湯の管理をする必要がありません。また、ウォーターサーバー本体には紙コップホルダーが装着できます。不特定の方が利用される環境でも活躍してくれそうです。


  医療機関、美容院、エステサロン、ヘアーサロン、マッサージ、各種ショールームなどのお店や、企業の従業員への福利厚生としての利用も増えています。電源さえあれば水道施設のない場所への設置が可能で、工事現場事務所や新築住宅現地案内所などでの利用もよくあるとのこと。

また、本来の使い方のほかに、災害時の備蓄水としても活躍します。この天然水ウォーターサーバーは水の重力で出水し、災害時に停電状態になっても、冷・温水の機能が停止したとしても、水の出水は出来るようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

スーパーナチュラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターの採水方法としては、自然噴出している水を空気に触れさせず直接採水するのが理想的です。自然噴出とは高い山脈からの浸透水の圧力が地下水にかかっており、その圧力で水が湧出している状態をいいます。地下の内部からの強い圧力がかかっていると、万一、地表から有害物が流入する状況になったとしても有害物の混入を防ぐことができるのです。自噴していない地下水を人為的に井戸を掘って汲み上げる方法もあります。しかし、適量の採水であればまだしも、この方式で大量に汲み出すと、水位が低下して周辺地域の汚染物質の影響を受ける可能性が出てきます。

理想的な採水環境は自然の力により押し出されて湧き出ている水を大気に暴露させることなく採水できる環境です。神泉洞の自噴地点は山の内部(約200 m )にあり、全く外界の影響を受けることなく採水できますが、このような理想的な採水環境は他にはほとんど例を見ないのです。

大峯山 神泉洞の水」には、納得させられるだけの製造工程のこだわりがあります。それは、以下の4つの点に表れています。

・神泉洞内の水を空気に一切触れさせず直接工場に送水している。
(
原水を少しでも大気に触れさせるだけで、細菌混入の原因となります)

・高性能の多段濾過システムにより最小0.1ミクロンのマイクロフィルターで処理している。
(
神泉洞の内の水は極めて清浄で、無処理でも飲用できますが、商品化の為に処理している)

・品質の変わる加熱処理はしない。衛生的なクリーンルームで現地にてボトリングしている。
(85
30分間の加熱処理は原水の成分と風味を損なうのでしない)

・厳重な品質検査の後、専用車で出荷輸送している。                 (万全の品質管理体制と毎日の水質検査、製造ラインの定期完全洗浄作業)

 ここまで原水の良さを残すことにこだわっているお水は、私の知る限りではあまりないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

日本人の好むミネラルウォーター

 ミネラルウォーターに含まれる、ミネラルの特徴は以下の通りになります。

ナトリウム・・・塩化ナトリウムは塩辛さ、硫酸ナトリウムは渋みを感じます。

カルシウム・・・のど越しのよさ、まったり感。含有量が多いと重く感じます。                                                                                     

マグネシウム・・・含有量が多すぎると苦味が出ます。

カリウム・・・味を引き締めます。

ナトリウムやマグネシウムは、はっきりと味覚で感じられるはずです。それゆえ、これらが突出して大量に含まれる水は口の中に後味を残してしまい、飲みづらい味になってしまうのです。ミネラルの摂取を主目的として、マグネシウムの含有量の多い後味の苦い硬水を選ぶか、水の味を優先して軟水を選ぶかは、お水を飲む目的によって変わってくるのです。 

おいしい水を求めるならマグネシウム分が少ないものを、飲み水からミネラル補給をされたい方は多少後味が苦いようでも、ミネラル含有量が少しでも多い水を探してみてはいかがでしょうか。味を楽しむ、飲み水としてのミネラルウォーターを考えるなら、苦味や渋みがない水のほうがおすすめです。

 水の硬度は水質を表すひとつの指標で、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの総量のことをいいます。簡単な求め方は、水1リットル中のカルシウムイオンとマグネシウムイオンの合計量を、それと同じ働きをする炭酸カルシウムの量に変換して求められます。

硬度を求めたいミネラルウォーターの成分表示から、カルシウムとマグネシウムの1リットルあたりの量を下の計算式に当てはめて計算すると求めることができるのです。(最近は100mlの成分表記が一般的です。この場合はそれぞれ10倍してください。)

硬度=(カルシウム×2.5)(マグネシウム×4.1)

 

一般的に、硬度が100を超えると中硬水に分類されますが、理化学辞典では硬度0から177までを軟水となっています。WHO世界保健機関では60mg/lから中程度の軟水と定義されています。

  19854月に厚生省が発表した「おいしい水の要件」の硬度によると、おいしい水は10mg/lから100mg/lの硬度のものとなっています。硬度の低い軟水はくせがなく、硬度の高い硬水は人により好き嫌いが出やすいのです。

  日本で製造販売されているミネラルウォーターは、軟水か中硬水で日本人の口にあったものがほとんどです。

 「大峯山 神泉洞の水」は硬度30の軟水、pH7.7の弱アルカリ性で軟水に慣れた日本人の味覚に最適な硬度といえるでしょう。苦味の強く出るマグネシウムの含有量が少なく、苦くない飲みやすいミネラルウォーターです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

ナチュラルミネラルウォーターとは

 ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターに対する考え方は非常に厳格です。採水地環境の管理と保全状況、原水の状態のままで製品化されているか(人為的な加工がされていないか)について問われるのです。

つまり、原水を加工したり、熱処理を加えたりしたものは、ナチュラルミネラルウォーターとしては失格となります。「ナチュラルミネラルウォーター」の名称の使用は、ヨーロッパでは、生のまま、なんらの処理もせず飲める水だけが出来ることになります。

一方、日本の場合は食品衛生の観点から、除菌処理を義務付けてきたことが輸入障壁となっていましたが、ヨーロッパ諸国からの圧力で無除菌・無殺菌ミネラルウォーターの法的整備を急ぐことになりました。その結果、一定の条件下で無除菌・無殺菌のミネラルウォーターの輸入が認められるようになった次第です。

現在では輸入ミネラルウォーターのうち、特定の採水条件で一定の水質のものは無除菌・無殺菌でも販売が認められていて、国産品に関していえば「ナチュラルミネラルウォーター」の名称の使用の条件としては、除菌方法が沈殿、ろ過、加熱処理のもので、水質検査に合格したものが製造基準となります。

「ナチュラル」の語句を使用せずに、単に「ミネラルウォーター」として製造する場合では複数の異なった水源が認められるのです。また、オゾン処理や紫外線殺菌などの処理方法も認められており、「ボトルドウォーター」として製造する場合は飲用可能であれば、原水が井戸水や水道水であっても製造が認められているのです。(スーパーの大型機械で小売されている水がこの類になります。)

 濾過による処理方式は加熱処理に比べて製造コストがかかります。が、その反面、風味をほとんど損なわず除菌できる処理方法です。現在、おいしいと評されるミネラルウォーターの多くは非加熱処理、濾過による処理方式となります。

大峯山 神泉洞の水」は、非熱処理で細菌レベル以下に対応できる0.1ミクロンのミクロフィルターで原水を処理しているのです。それゆえに、「ナチュラル」な天然水の風味とミネラル分をみごとに残したまま、製品化することができたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

納得の製造方法

わたしがおすすめしている「大峯山神泉洞の水」は、知り合いのお宅に伺った時にいただいて、そのおいしさを実感したものです。なんでこんなに他のお水と違うのか、掘り下げて調べたかったので、わかった範囲での特徴を報告します。

家庭用浄水器やRO水(ほぼ完全に不純物をろ過した水)は確かに元の水道水よりもおいしい水を得ることができるようです。ところが、出てくる水は河川水から製造された水道水には変わりありません。また、性能の高い浄水器ほど交換用フィルターのお値段が高くつきます。(フィルターの価格は一本約2万円です。フィルターの価格の高いものは性能が高く、安いものは化学物質の除去能力はないに等しいのです。)
  浄水器のフィルターを交換せずに使用を続けると、汚れたフィルターに細菌が繁殖して、元の水道水の水質より悪くなるという問題も起きてしまいます。
  良質な水源のミネラルウォーターだと、河川水由来の水道水とは違い、飲用の為に水を特別に加工するという考え方そのものが必要無く、近年問題となっている発がん性物質のトリハロメタンやダイオキシン、環境ホルモンなどとも無縁です。

大峯山 神泉洞の水」は名水のうまさをそのまま楽しめるように、あえて設備コストの高い、ろ過方式による製造をしています。ろ過方式でなく、加熱方式を採用すれば、設備コストは安くできるのですが、製品は湯冷ましになってしまうのです。そうなると、風味・成分が変わってしまい、せっかくの名水のうまさが台無しになってしまうのだそうです。少しでも名水の味を保ちたいために「大峯山 神泉洞の水」は製造方法にもこだわっているのだそうです。

「大峯山神泉洞の水」が、最近飲んだお水のなかで一番おいしかったので、ウォーターサーバーの設置をしようかと考えています。水道水の加工品や、風味の損なわれたミネラルウォーターなら、お金を出してまで飲みたくはないですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

硬水・軟水と食べ物の関係

軟水・硬水とお料理、ドリンクの関係についてみてみましょう。

紅茶の場合、ダージリンなどの高品質葉の場合は硬度50までの軟水が適しています。一方、アッサム、ケニア、アールグレイ、ラプサンス・チョンなどの個性の強いリーフは硬水が適しているのです。コーヒーの場合は硬水が苦味成分を抑制する性質があるので深煎りの一部の品種(フレンチロースト、イタリアンロースト)では硬水のほうがおいしい場合もあります。
 そして、緑茶の旨みを引き出すには軟水が適しているのです。これは緑茶のタンニンが天然水のカルシウムと結合して、タンニンの旨み成分をうまく閉じ込めてくれるのが原因です。

「ミネラルは体にいいので赤ちゃんにも飲ませてあげたい」という話を聞いたことがありますが、赤ちゃんに硬度の高い水を与えると内臓の発達が未熟なため、下痢を起こしてしまうのです。マグネシウムが軽い下剤として作用してしまうからなのです。

ミネラルは食品からも摂取していますから、硬度の高い水を乳幼児に無理に飲ませる必要はないのです。特に新生児のミルクを高い硬度の硬水で調合すると、粉ミルクメーカーが調整した数値を大幅に上回るミネラルイオンが体内に取り込まれてしまいます。       さらに、重要なことですが、国産品と違い、輸入物の天然水のほとんどは、一切除菌されておらず、製品に微量の細菌が含まれている場合があります。

市販の天然水は硬度2のものから硬度1816(ドイツのエンジンガー)のものまであり
ます。ですから、用途によって使い分けることが重要です。硬度の高い水はミネラル分が多い反面、料理などに使うとミネラル分が食材に対して化学的に直接作用するのです。

軟水・硬水と飲み物・食べ物について表にしてみました。

用途

軟水

硬水

 

コーヒー

深煎りの一部のコーヒーは硬水のほうがおすすめ

緑茶

×

硬水を使うとタンニンに反応して黒っぽくなります

紅茶

緑茶と同じだがリーフの種類によって異なります

日本料理

硬水を使うとうまみ成分を分解してしまいます

炊飯

×

硬水で炊くとパサパサになります

薬の飲み水

×

硬水は薬の成分に悪影響を与える場合があります

煮豆

×

硬水で煮ると豆にしわができてふっくらしません

粉ミルク

×

粉ミルクは軟水用に成分調整されています

製氷

軟水で製氷すれば透明で融けにくい氷ができます

ポトフ

硬水のほうがアクが出やすい

パスタ

硬水のほうがコシの強いパスタができます

ダイエット

×

硬水は便秘解消に役立ちます

ミネラル補給

ミネラル含有量が硬水のほうが多い

酒の醸造

灘は硬水、伏見は軟水を使用。好みによります

お水にこだわることにより、お料理や嗜好品にも深みが加わることとなるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

わたしのおすすめ天然水

私たちが生活しているなかで、平均的な1日の水分排出量は、尿が約1.5ℓ、便約1ℓ、

生理的に失われる水分 100ml、これだけの量が体から出ていくのです。

この体内から失われる水分を平均的に補給するとすれば、飲料水などの水分補給で

1.3ℓ、食べ物の中の水分で約1ℓ、体のなかでの代謝水が約200mlという補給のしかたがベストです。

人間の体は約60%が水分でできていますので、水分はとても大切な存在なのです。
 これが、わずか5%でも不足すれば頭痛や体温上昇、脈拍上昇などの症状が起きることがあります。

1日のサイクル目安として、
1.朝目覚めたとき
2.午前10時と午後3時のおやつのとき
3.入浴前後
4.寝る前
などにコップ1杯ずつの水を飲み、それ以外に13回の食事の時に1杯ずつ飲めば、だいたい1.5ℓの水分が補給できます。

ですが、水分が必要だからといって、摂りすぎるのもあまり良くありません。

水分を摂り過ぎて体内の水分が数%でも増えると、過剰な水を処理するために腎臓に負担がかかり、尿として排出されるべき体内の老廃物を処理しきれなくなってしまうため、体がだるくなったり疲れやすくなったりむくみを起こしたりしてしまいます。

 日常生活にお水を飲む習慣をうまく取り込む工夫が必要です。おいしいお水が手もとにあれば、楽に補充できると思いませんか?天然水・ミネラルウォーター・水道水を加工したものなど、様々なお水が出ています。

そうしたなかで、私のおすすめは大峯山の神泉洞のお水、これです。

私は、毎日飲んでいますがすっきりしていながらもまろやかで、本当に美味しいですよ。

| | コメント (0)

2010年11月 5日 (金)

お水が防ぐ病気

糖尿病は体内のインスリン作用が悪くなって起こる病気です。
血糖値が上がり尿がたくさん出て血液濃度が高くなるため、
喉が渇きやすくなることも特徴です。
水を飲むことは糖尿病の予防にもつながります。

次に、女性の悩みのひとつである便秘
原因のひとつに、
水分が不足するため便が硬くなり腸のはたらきが落ちることがあげられます。
便秘解消には、朝起きぬけにコップ1杯の冷たい水を飲むことも効果的です。水分補給が腸を刺激して便秘解消にもつながります。

高血圧は塩分の過剰摂取によっても引き起こされますが、余分な塩分を排出するために、水分を補給すると効果的です。

秋に意外と多くなる病気が痛風です。
なんらかの原因で
尿酸が過剰になり、針状結晶となって関節などに付着し、激痛を起こす病気が痛風です。尿の排出量が少なくなると尿酸が排出されなくなり余計に悪化しやすくなります。
つまり夏は汗を大量にかくため、尿量が減少しがちになり、その結果、尿酸が十分に排出されない状態となって秋に痛風発作を起こすこととなるのです。
夏場に定期的に水分を摂取し、尿をどんどん排泄することが大切です。

脳梗塞は、血液中の水分が不足して、血液がドロドロの状態になり血管が詰まりやすくなることがひとつの原因となります。
脳梗塞は、午前中に起こりやすいと言われており、寝ている間に汗をかき、水分が奪われてしまうため、朝起きて水分を摂取しないでいると、ドロドロとした血液が詰まって脳梗塞の発作を起こしてしまう可能性が高くなるからともいわれています。
また、睡眠中のトイレが近くなることを考えて、寝る前は水分を控える人が多いですが、そのために血液が濃くなり詰まらせてしまう原因にもなっていることもあるようです。

水分を取りすぎるのも体に良くないのですが、どちらかというと水分をきちんと取らないほうが病気になりやすいと言えそうです。習慣化するのが難しいようでしたら、天然水やミネラルウォーターの宅配ウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか?毎日手軽においしいお水を飲んで、病気を未然に防ぎましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

美容とミネラルウォーター

人間は何も動かなくても1日で約2リットル水分が排出されています。水分補給は水だけではなく、食物からも水分は補給できます。あとは、運動など、動き方によっても違いはありますが、約1.5リットルの水の摂取が必要とされています。しかし、1.5リットル以上ならいくら飲んでもいいというわけでもなく、飲みすぎると身体の浮腫みや倦怠感などの症状を起こす場合があるので、自分の動きにあった水分を毎日摂取することが大事。

ミネラルウォーターは、カルシウムヤマグネシウム、カリウムなどの含有量によって多くの種類があります。その中から自分にあったものを選ぶことによって、ミネラルの不足からくる病気の予防になります。また、水には鎮静作用があるとされていて、ストレスを感じたときにゆっくり水を飲むと気分が落ち着いてきます。夜なかなか眠れないなどの不眠にもカルシウムを多く含んだ常温のミネラルウォーターを少しずつ飲むと安眠効果があるとされています。

近年、デドックスという言葉が流行っていますが、適度な運動や睡眠と平行して水分を補給することも重要視されています。また、飲むのはもちろんのこと、フェイススプレーや直接肌につける水としてもミネラルウォーターは活躍しているんですよ。

ミネラルウォーターで体のなかも外も綺麗になりませんか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »